パーソナルカードのデポジット

パーソナルカードのデポジット

TOPページ ETCカードについて > パーソナルカードのデポジット

 

パーソナルカードのデポジット

ETCパーソナルカードを利用する場合、申込時に保証金としてデポジットを預託する必要があります。デポジットを担保としたうえで、ETCを利用することができるのです。デポジットは保証金なので、実際のETC利用料としては使われません。利用したETC通行料金は、1ヶ月単位で指定の郵便局もしくは銀行などの貯金口座や預金口座から引き落とされます。

デポジット額は、今までの有料高速道路の平均利用月額と年間最高利用月額から算出されます。まず平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額を出します。平均利用月額が10,000円未満の場合は10,000円になります。その額の4倍の額か、年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額の、いずれか高い額がデポジット額となり、預託しなければいけないのです。

たとえば、平均利用月額が4,500円で年間の最高利用月額が42,000円の場合、平均利用月額が10,000円未満なので10,000円の4倍の40,000円か、年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額の60,000円のどちらか高い額がデポジットになります。つまりこの場合は、60,000円のデポジットが必要になるのです。

ページトップへ↑